ラジオフォーラム・小出裕章ジャーナル ラジオフォーラム・小出裕章ジャーナル

ラジオフォーラム・小出裕章ジャーナル

ラジオフォーラム・小出裕章ジャーナル

ラジオフォーラム・小出裕章ジャーナル

ラジオフォーラム・小出裕章ジャーナル

ラジオフォーラム・小出裕章ジャーナル

講演会は盛況のうちに終了いたしました。
たくさんのご来場ありがとうございました!


【初公開】小出裕章が戦争にフォーカスした驚くべき理由
~原発を使って密かに進む核武装の真相を暴く~

一貫して、原発への異議を唱えてこられた京都大学原子炉実験所助教・小出裕章さん。

311・福島第一原発事故をきっかけに、事故の実態を報じないメディア報道に代わって、小出さんによる事故や原発に関する解説は、多くの人々からの関心と支持を集めてきました。

ラジオフォーラムでは毎回、番組コーナー「小出裕章ジャーナル」として、小出さんが電話出演。福島事故、原発、放射能から核兵器まで、さまざまなトピックで解説いただいています。

小出さんご自身として初めて、戦争と原発の関係性をテーマとした今回の講演会。「原発は本当に核の平和利用なのか?」、番組では語り尽くせない原発と核、戦争のつながりについて、たっぷりお話いただきます。

またミニ報告会として当番組パーソナリティでジャーナリストの西谷文和が登壇。内戦や政情不安に揺れるシリア、アフガニスタンの取材レポートを行います。奮ってご来場ください!

>>> 講演会のチラシPDF


日時:2014年2月2日(日)13:30〜(開場13:00)
場所:エル・おおさか、エル・シアターMAP、大阪市中央区北浜東3-14)
資料代:1,000円

※イベントのプログラムは予告なく変更になることがあります。予めご了承ください。
※たくさんのお問いわせをいただいております。このイベントは前売りチケット販売はなく、事前の参加申し込みも必要ありません。当日、直接会場にお越しください。

小出裕章(こいでひろあき) 略歴
1949年生まれ。日本の工学者(原子力工学)。京都大学原子炉実験所助教。原子力の平和利用を志して1968年に東北大学工学部原子核工学科に入学するも、放射能被害の実態を知り、原子力に反対する立場を取り始める。女川原発の反対運動、伊方原発裁判、人形峠のウラン残土問題、JOC臨界事故など、放射能被害者の側に立って活動、原子力の専門家としてその危険性を訴え続けている。